アレルギー,喘息,武蔵小山,小児科,内科,アレルギー科

アレルギー・喘息について

アレルギーとは

外敵から体を守ろうとする免疫反応が過剰に起こってしまい、いろいろな症状が出現してしまうことをいいます。

このアレルギー反応が激しく起きてしまい、ショックを起こしてしまうことを、アナフィラキシーショックといいます。

アレルギー疾患について

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、じんま疹、アレルギー性鼻炎、花粉症などがあります。

当院では、これらに対して、診療、検査、治療を行っています

気管支喘息(喘息)

気管支喘息とは
空気の通り道である気管支が狭くなり、空気が通りにくくなって息が苦しくなる状態を喘息発作といいます。
この喘息発作が繰り返し起きる病気が気管支喘息です。

この状態は、アレルギーによる炎症が多く、特に小児では気管支粘膜が未熟なため、アレルギー反応を起こしやすいです。

気管支喘息は小児の約6~8%、成人の約3~4%に認められ、その数は増え続けています。
検査
レントゲン検査、血液検査(アレルギー検査など)
治療
症状のない時も使用する薬と、喘息発作の時に使用する薬があります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは
かゆみを伴う湿疹が繰り返し起こる病気です。

皮膚のバリア機能の低下やアレルギー素因を伴い、乳児では食物アレルギーが原因であることが多いです。
治療
原因・悪化因子を取り除く
スキンケア
薬物療法
保湿剤、ステロイド、免疫抑制剤などの外用薬

食物アレルギー

食物アレルギーとは
原因となる食品(卵、牛乳など)を摂取することによって、じんま疹のようなアレルギー反応が起こることです。
治療
原因・悪化因子を除去
アレルギー反応の程度によって除去程度を決定します。
また、血液検査や食物負荷試験などを行い、除去食の解除の見直しを判断します。
薬物療法
抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、ステロイド剤など

アレルギー性鼻炎、花粉症

アレルギー性鼻炎、花粉症とは
アレルギー性鼻炎は通年性と季節性があり、通年性はダニやハウスダスト、カビなどが原因で起こります。

特に、花粉が原因で起こる季節性アレルギー性鼻炎を花粉症といい、眼症状やのどの症状を伴う場合が多いです。
治療
原因・悪化因子からの回避
マスク、ゴーグル、鼻洗浄など
薬物療法
抗アレルギー剤など
抗原特異的減感作療法など

アナフィラシーショック

食物やハチ毒、薬物などが原因となって急性の激しいアレルギー反応が全身に起こった状態をいいます。

アナフィラシーショックを起こす可能性があるような場合、必要に応じてエピヘン(アドレナリン自己注射)を使用します。

※エピペンはあくまで、アナフィラキシー症状を緩和する補助的な薬であって、根本的な治療薬ではありませんので、直ちに医師による治療が必要です。

武蔵小山の小児科、アレルギー科、内科の
「サンタハウスこどもクリニック」です。

アレルギー、喘息などに関するお悩みがございましたら、
お気軽にご相談ください。

※診療日:○
※予防接種日(予約制):○・△
※健診日(予約制):△

診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

△・・・土曜日午後は、14:00~17:00の受付となります。

 

googleマップ